AWS試験一覧と合格するための勉強方法は?

AWS試験一覧と合格するための勉強方法は? AWS
スポンサーリンク

前置き

こんにちは♪
さくら です。

今回は、AWS資格一覧とおすすめ勉強方法 についてご紹介したいと思います。

こちらは、AWSが提供するクラウド系の資格試験となります。最近の世の中の情勢として、クラウドが注目されております。弊社もクラウドに力を入れており、こういった背景から受験を決意しました。2024/1/31現在、私はAWS資格を9種保有しています。

先に結論を申し上げますと、

  • AWSは、現状全13資格
  • AWSサービスの未経験者でも合格は可能

AWS認定資格とは

AWS認定資格は、技術スキルとクラウドの専門知識を検証して、キャリアとビジネスを成長させます。有名な資格ですので、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

試験は、日本語対応の試験となっております。嬉しいことに、テストセンターに赴かずに、自宅でのオンライン受験が可能となっています。自宅受験の場合は、細かな条件もありますので、必ず受験要項を確認しましょう。

申込みイメージ

AWS認定資格一覧と対策

AWS認定資格は全13種あり、基礎・中級・上級・専門知識の4つに分類されます。まずは基礎レベル、中級レベルの資格を受験することをおすすめします。

私はAWSのサービスを業務で使ったこともありませんでしたが、全13種のうち9種の試験に合格できました。各資格の詳細については、リンク先に勉強方法とあわせて記載した記事をご参考にして頂ければ幸いです。

No.1初級AWS Cloud Practitioner
No.2中級AWS Solutions Architect Associate
No.3中級AWS Developer Associate
No.4中級AWS SysOps Administrator Associate
No.5中級AWS Data Engineer Associate
No.6上級AWS Solutions Architect Professional
No.7上級AWS DevOps Engineer Professional
No.8専門知識AWS Data Analytics Specialty
No.9専門知識AWS Machine Learning Specialty
No.10専門知識AWS SAP on AWS Specialty
No.11専門知識AWS Advanced Networking Specialty
No.12専門知識AWS Security Specialty
No.13専門知識AWS Database Specialty
AWS認定資格一覧と対策

イメージ

私の経験談

AWSの試験は、GoogleやMicrosoftの試験と比べて難しいと感じました。問題数が多く、選択肢の一文が長いのに、合格点も高いです。そのため、しっかりと対策することが必要だと思います。

Google Cloudの資格一覧にも興味がある方は、こちらの記事をご参考にして頂ければ幸いです。合格するための勉強方法も、記事にまとめております。

また、資格取得をすると、就職活動や転職活動の手助けになると思います。その際は、面接対策も忘れずにすることをおすすめします。

まとめ

  • AWSは、現状全13資格
  • AWSサービスの未経験者でも合格は可能

読者の皆様が、AWS認定資格に合格できることを祈っております。
諦めずに継続して、自身のスキルアップを図りましょう!   さくらより

タイトルとURLをコピーしました