PR

【合格】Power Automate RPA Developer Associate(PL-500)のおすすめ勉強方法&参考書

Microsoft Power Automate RPA Developer Associate Microsoft
アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

前置き

こんにちは♪
さくら です。

今回は、Microsoft Power Automate RPA Developer Associate(PL-500) の勉強方法についてご紹介したいと思います。

先に結論を申し上げますと、

  • udemyの講座で合格は十分可能
  • Microsoftサービスの未経験者でも問題なし
pl-500

Microsoft Power Platformとは

本題に入る前に、Microsoft Power Platformの概要やロードマップについて、ご紹介したいと思います。Power Platformに関する知識を問う資格がどれだけあり、どれから受験すればよいのかなど悩む方もいるのではないでしょうか。

実は、私の全ブログ記事の中でも、これらの資格はかなり人気な部類となり、Power Platformの関心が高いことが伺えます。全ての資格取得に向け、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Microsoft Power Automate RPA Developer Associate(PL-500)とは

この試験の受験者は、時間のかかる、または反復的なプロセスを含む Windows ベース、ブラウザー ベース、およびターミナル ベースのアプリケーションを自動化します。 UI、API、データベース自動化などのアプローチを組み合わせて使用します。

受験者は、自動化のプロセスを分析および設計し、デスクトップ用 Power Automate と Power Automate クラウド フローを使用して自動化を実装します。 RPA 開発者は、ロジックにアクションを使用し、データ、アプリケーション、サービスを操作します。

受験者は、ビジネス上の利害関係者と協力して、ビジネス ワークフローの最適化を行います。 管理者と協力して、他の環境にソリューションを展開したり、ソリューションをサポートしたりします。

さらに、受験者は、Windows デスクトップ環境、スクリプト言語、Power Automate のクラウドとデスクトップのフロー、AI Builder、Process Advisor、Microsoft Dataverse の経験が必要です。

問題数はランダムに出題され、日本語対応の試験となっています。だいたい50問ほど出題されます。合格点は、1000点満点で700点以上で合格となります。

嬉しいことに、テストセンターに赴かずに自宅でのオンライン受験が可能となっています。

勉強方法とおすすめの参考書

本試験に出題されるサービスはお恥ずかしながら一度も利用したことがありません。

そんな私の勉強方法ですが、udemyの講座で学習しました。ただし、PL-900の知識は有しておりましたので、こちらの記事をご参考にして頂ければ幸いです。

本題ですが、Udemyという学習サービスサイトで、動画講座と問題集を利用しました。ただし、動画講座は、英語の字幕のみ でしたので、英語が得意でない私には大変難しかったです。ほとんど問題集主体の勉強 になりましたが、時々動画講座を見て、自分なりに理解を深めました。問題集の購入は不可欠だと思います。

 

PL-500 Power Automate RPA Bootcamp icon

 

icon icon

 

上記の動画講座で知識のインプットができたら、今度は問題集でアウトプットを図ります。問題集は、Google日本語翻訳機能を使いました。

PL-500: Microsoft Power Automate RPA Developer Practice Exam icon

 

icon icon

 

上記だけでは不安という方、Power Automateを実践的に学びたいという方は、こちらの記事も参考になると思います。こちらから、業務にも役立つスキルを養えると思います。

私は、Microsoftの資格は30種以上取得しています。記事にまとめておりますので、こちらを参考にして頂ければ幸いです。

Microsoft資格一覧

また、私が取得した全資格一覧とその対策方法については、プロフィール記事から参考にして頂ければと思います。

最後に

最後に、自分の市場価値や転職に興味がなくとも、業界の動向や他社の状況を確認することを強くおすすめ します。例えば、自身が経験して培ってきたスキルや資格取得することで、どれだけの市場価値があるのか気になった方もいるのではないでしょうか。

または、自社については勤務することで知ることはあっても、業界全体や他社についてはなかなか知ることはないのではないでしょうか。「転職する気がないから、自分には関係ない」という方も中にはいるかもしれません。しかし、世の中の動向を知り、何が求められているのかなど知ることは損ではありません。

無料の会員登録をするだけで、これらの情報が収集できるおすすめの3つのサイトをご紹介しますので、よろしければご参考にして下さい。目的別にピックアップしましたが、全てに無料会員登録して情報を収集しても問題はありません。

①転職や自分の市場価値が知りたい

マイナビジョブ20’sスカウト

マイナビジョブ20'sスカウト

 

②業界の動向やよくある質問対策、実際に通過したES(7万件以上)知りたい人

unistyle|新卒就活生向け!選考対策コンテンツ

 

③企業の口コミ情報から他社状況を知りたい方

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

まとめ

  • udemyの講座で合格は十分可能
  • Microsoftサービスの未経験者でも問題なし

読者の皆様が、Microsoft Power Automate RPA Developer Associate(PL-500) に合格できることを祈っております。諦めずに継続して、自身のスキルアップを図りましょう!   さくらより

参考

タイトルとURLをコピーしました