【合格】Azure Virtual Desktop Specialty(AZ-140)のおすすめ勉強方法&参考書

Microsoft Azure Virtual Desktop Specialty(AZ-140) Microsoft
スポンサーリンク

前置き

こんにちは♪
さくら です。

今回は、Microsoft Azure Virtual Desktop Specialty の勉強方法についてご紹介したいと思います。

任意のデバイス向けの Microsoft Azure Virtual Desktop エクスペリエンスとリモート アプリの設計、実装、管理、メンテナンスに関する専門知識を有するサーバーまたはデスクトップ管理者である必要があります。


先に結論を申し上げますと、

  • udemyの講座で合格は十分可能
  • Azureサービスの未経験者でも問題なし
AZ-140

Microsoft Azure Virtual Desktop Specialtyとは

これらのエクスペリエンスを提供するには、次のユーザーと密接に連携する必要があります。

  • Azure 管理者
  • Azure アーキテクト
  • Microsoft 365 管理者
  • Azure セキュリティ エンジニア

問題数はランダムに出題され、日本語対応の試験となっています。だいたい50問ほど出題されます。合格点は、1000点満点で700点以上で合格となります。

嬉しいことに、テストセンターに赴かずに自宅でのオンライン受験が可能となっています。

勉強方法とおすすめの参考書

本試験に出題されるサービスはお恥ずかしながら一度も利用したことがありません。

そんな私の勉強方法ですが、udemyの講座で学習しました。ただし、AZ-900の知識を有していたので、全くMicrosoftのサービス知識がないわけではありませんでした。

本題ですが、Udemyという学習サービスサイトで、動画講座と問題集を利用しました。動画講座は、日本語の字幕での学習となります。

 

AZ-140 Configuring & Operating MS Azure Virtual Desktop AVD icon

 

icon icon

 

上記の動画講座で知識のインプットができたら、今度は問題集でアウトプットを図ります。問題は、日本語翻訳機能を使って勉強しました。

AZ-140 – Azure Virtual Desktop Specialty – December 2023 icon

 

icon icon

 

私は電子書籍を使っての勉強が多いです。具体的にはタブレットを用いて、通勤時間といったスキマ時間も有効に使っております。その際にこちらを使っておりますので、参考になれば幸いです。8インチなので、女性の方でも使いやすいと思います。

また、パソコンで勉強するときやテレワークに役立つガジェットをこちらの記事で紹介しております。環境が変わるだけで、意外とモチベもあがりますので、よろしければご参照下さい。

他にも、役立つ資格もご紹介しておりますので、ご参考になれば幸いです。

まとめ

  • udemyの講座で合格は十分可能
  • Azureサービスの未経験者でも問題なし

読者の皆様が、Microsoft Azure Virtual Desktop Specialtyに合格できることを祈っております。諦めずに継続して、自身のスキルアップを図りましょう!   さくらより

参考

タイトルとURLをコピーしました