【合格】工事担任者(総合通信/デジタル通信/アナログ通信)のおすすめ勉強方法&参考書

国家資格
スポンサーリンク

前置き

こんにちは♪
さくら です。

今回は、工事担任者(総合通信/デジタル通信/アナログ通信)の勉強方法についてご紹介したいと思います。

こちらは、日本データ通信協会が提供する事業用電気通信設備に関する資格試験となります。

先に結論を申し上げますと、

  • 問題集を実際に手を動かして解くこと
  • 解説も実際に手を動かして、何度もアウトプットすること
  • 正解がどの選択肢で、他の選択肢はどこが不正解なのか判断できる
【合格】電気通信主任技術者(伝送交換)のおすすめ勉強方法&参考書
電気通信主任技術者(伝送交換)のおすすめ勉強方法&参考書をご紹介
【合格】電気通信主任技術者(線路)のおすすめ勉強方法&参考書
電気通信主任技術者(線路)のおすすめ勉強方法&参考書をご紹介

楽天koboを利用したことがない方

「初購入金額がポイント70倍」が適用されるので、こちらで購入することをおすすめします。詳細はこちらをご確認ください。

DMMブックスを利用したことがない方

DMMブックス(電子書籍)では「90%オフ」クーポンが適用されるので、こちらで購入することをおすすめします。

工事担任者(総合通信/デジタル通信/アナログ通信)とは

電気通信の工事担任者は、電気通信回線に端末設備、又は自営電気通信設備の接続工事を行い、又は監督する役割を担っています。工事担任者では、総合通信・デジタル通信・アナログ通信に分類されます。

試験科目

  • 電気通信技術の基礎
  • 端末設備の接続のための技術及び理論
  • 端末設備の接続に関する法規

本試験は、条件によっては科目免除されます。受験時の負担が減りますので、必ず申し込み前に確認しましょう。詳細は下記の「免除科目 総合通信」をご参照下さい。

勉強方法とおすすめの参考書

まず、勉強に使う参考書は下記の「実践問題集」のみです。これだけで独学で合格することは十分可能だと思います。実際、私はこれだけで合格できました。

問題や選択肢、解説をよく読んで下さい。ここに掲載されている過去問題は全て解き、何度も繰り返すことがおすすめです。また、アナログ通信対策は、「総合通信 実践問題」で補えます。

参考書の購入について

お得なセールの開催やクーポンの配布をしているので、DMMブックス がおすすめです。

工事担任者2023秋総合通信実戦問題

DMMブックス

 

工事担任者2023年版第1級デジタル通信実戦問題

DMMブックス

 

工事担任者2024年版第2級デジタル通信実戦問題

 

工事担任者 第2級アナログ通信 標準テキスト

DMMブックス

 

参考ですが、Udemyという学習サイトでは、電気回路に関する動画学習があります。電気回路に限って言えば、こちらの動画学習を活用するのもひとつの手段だと思います。

電気回路理論入門 icon

icon icon

 

次に、具体的な勉強方法についてです。

3科目ありますが、全て同様のやり方です。それは、とにかく手を動かして実際に問題を解くことです。当たり前といえば当たり前の勉強方法ですが、私は加えて解説も文字に起こしていました。これを何度も何度も繰り返します。すると、さすがに記憶に定着し、なぜ他の選択肢ではダメなのか。この単語はどういう意味で、他に関連する単語やポイントも身につけることができます。

特に、計算問題や法規の問題では、当日の試験ですらすらと解けるようになっていると思います。また、本勉強方法は、暗記力の向上にも役立てられるのではないかとも感じております。これは他の資格試験や日常生活でも役立てられますので、ぜひ試してみて下さい。

勉強方法のポイントとして、

  • 問題集を実際に手を動かして解くこと
  • 解説も実際に手を動かして、何度もアウトプットすること
  • 正解がどの選択肢で、他の選択肢はどこが不正解なのか判断できる

手間に感じるかもしれませんが、勉強ってそういうものだと私は思います。手間をかけて身につけた知識は、意外と覚えてるものです。

私の経験談

私は、デジタル通信1級⇒アナログ通信1級⇒総合通信の順番に資格の取得をしました。本試験に関する知識を全く有していませんでしたが、上記で紹介した勉強方法で無事に合格することができました。

個人的には、「端末設備の接続のための技術及び理論」が一番面倒でした。そのため、一番注力したかもしれません。私は無事に一発合格することができましたが、本試験では科目合格制度があるので、科目合格を目指すのも戦略的にはありだと思います。

また、資格取得をすると、就職活動や転職活動の手助けになると思います。その際は、面接対策も忘れずにすることをおすすめします。

まとめ

  • 問題集を実際に手を動かして解くこと
  • 解説も実際に手を動かして、何度もアウトプットすること
  • 正解がどの選択肢で、他の選択肢はどこが不正解なのか判断できる

読者の皆様が、工事担任者(総合通信/デジタル通信/アナログ通信)に合格できることを祈っております。諦めずに継続して、自身のスキルアップを図りましょう! さくらより

参考

タイトルとURLをコピーしました